読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画忘備録

映画を見た感想を、ひたすらメモっていくブログです。

アメリカン・スナイパー:戦闘シーンの満足度は高いが、疑問が残る出来

f:id:hate_miyo:20141228022339j:plain

「アメリカン・スナイパー」はクリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー主演によるクリス・カイルの原作*1を映画化した作品。

「アメリカン・スナイパー」について

「アメリカン・スナイパー」はイラク戦争に従軍するスナイパーを描いた戦争映画で、過去の作品と比較するなら「ハート・ロッカー*2」や「ゼロ・ダーク・サーティ*3」に近い内容だが、決定的に違うのは実話をベースにしている点で、本作はクリス・カイルという伝説のスナイパーの生涯を描いている。

ちなみに主演のブラッドリー・クーパーはクリス・カイル本人にメチャメチャ見た目がそっくりで、部隊の他のメンバーなども異常に見た目の再現度は高い。

満足度が高い戦闘シーン

 「アメリカン・スナイパー」の特徴のひとつに、戦車やハンヴィーなどの特殊車両の撮り方が上手くて、巨大感が上手く表現できているというのがある、更にCGなのか、物凄い空撮が何回も出てくる。

また戦場の緊張感や混乱の表現も高レベルで、位置関係の見せ方も整理されていて上手いし、敵であるアルカイダの幹部の異常性や、イチイチ色んな事情が感じられるテロ攻撃、敵方のスナイパーなども過不足ないスマートな描写。

ちなみにこのシリア出身の元オリンピック選手である「ムスタファ」というスナイパーについて結構しつこく調べてみたものの、該当する選手が射撃競技のメダリストには存在せず、原作にも1行だけチラッと噂の存在として登場するだけらしく、どうも完全に映画用につくられた架空の存在らしい。*4

心が戦場から戻ってこない主人公

主人公クリス・カイルは、戦場とアメリカを行き来する生活をしているが、PTSDでアメリカにあっても心は常に戦場にあり帰っては来れない。

ここら辺は「ハート・ロッカー」でも似たような描写があったりした*5ものの、対称が人間の精神状態であるため表現として難しいと思うのだが、戦闘シーンの緊張感とリアリティにより、アメリカでの生活のなにか現実感の希薄な感じを上手く表現できていると思う。

ところで編集おかしくないですか?

「アメリカン・スナイパー」は最初に戦場での狙撃シーンから始まり、そこから時間軸をさかのぼってクリス・カイルの子供時代に繋がる、こういう構成自体はそれほど珍しいわけではなくてむしろオーソドックスな構成だと思うし、冒頭のシーンは繋ぎもキレイに繋がっている。

そして子供時代から軍に志願してイラクに派遣されて、再び冒頭のシーンに繋がってくるのだが、内容は同じだけど見せ方は異なる・・・というのが普通だが、本当に冒頭で見たのと全く同じシーンに繋がる、言ってしまえばコピペ。

なので、ちょっとここの繋ぎに違和感を感じるというか「アメリカン・スナイパー」は非常にテンポのいい映画なのに、ここだけテンポがズレてしまってるように思えた。

あとエンディングで実際にクリス・カイルが無くなった時の映像が「わりと突然」挿入されているのだが、これは個人的には受け付けなかった、だってこれは飽くまで「実話を基にしたフィクション」作品であって、映画自体は別にドキュメンタリーとして進行してたわけでもないんだから。

 

*1:ネイビー・シールズ最強の狙撃手」(原書房

*2:2008年 キャスリン・ビグロー監督によるイラク戦争の爆弾処理班を描いた作品

*3:2012年 キャスリン・ビグロー監督によるウサマ・ビン・ラディンを捕獲するまでを描いた映画

*4:「違うよ」という情報があったら教えていただけると助かります。

*5:まあ、あいつは戦場でも異常だったけどな!

広告を非表示にする