映画忘備録

映画を見た感想を、ひたすらメモっていくブログです。

新文芸坐:実は準新作の上映が多い池袋の歴史ある名画座

f:id:hate_miyo:20150103200030j:plain

新文芸座」について

池袋東口の「新文芸坐」は今時珍しい純然たる名画座*1で旧作をテーマに沿って二本立てで観れる映画館。

オールナイトでの上映もやっているなどかなり名画座のイメージに忠実な名画座だが、実は準新作をいち早く上映する映画館でもあるので見逃した映画を観に行くのにも便利。

場所が映画館のあるような場所ではない上に、外見上は完全にパチンコ屋にしか見えないので、知っていてもついつい通り過ぎてしまう映画館でもある。

館内施設についてだが「新文芸坐」は名画座というわりには施設が新しい部類になるため結構キレイな映画館で、映画関係者のトークショーや解説などが行われることも多いことから、館内では過去の登壇者のサインや資料などを閲覧することが出来る。

周辺の飲食について

新文芸座」は池袋東口の池袋の中でもかなり猥雑な街中に存在するのだが、池袋の駅前なので飲食には困らないし、ちょっと時間を潰したいのなら、なんでこんな集中しているのか疑問に思うほど家電品店があるので覗いてみるのもいい。

ただし池袋の駅前なのでかなり人は多いので、落ち着いて待ちたいというのであれば、ビッグカメラ池袋本店の向かいにある「椿屋珈琲店 池袋茶寮」がオススメ。

ただし料金がお高い上に別にコーヒーが美味いというワケでもないという恐るべき喫茶店、でもケーキは甘さ控えめでおいしいと思います。

ここは店内が広くて池袋の駅前なのに大体座席に余裕があり、しかも都会の喧騒から完全に隔絶された、落ち着いた大人のお店という雰囲気のお店。


椿屋珈琲店 池袋茶寮 - 池袋/喫茶店 [食べログ]

 

感動はスクリーンから – 低料金2本立ての名画座 | 新文芸坐

*1:他に東京では「早稲田松竹」「キネカ大森」などが有名

広告を非表示にする