映画忘備録

映画を見た感想を、ひたすらメモっていくブログです。

そこのみにて光り輝く:物語への強烈な吸引力をもつ作品

f:id:hate_miyo:20141129011251j:plain

地方発信の新しい映画の形

海炭市叙景」は、函館の独立系映画館シネマアイリスの代表、菅原和博と原作者の同級生が中心となって結成された製作実行委員会が、

  • 函館出身の作家による函館をモデルにした小説を函館ロケで映画にする。
  • 今の函館の町並みを映像として記録し、後世への記憶に残す。
  • 市民参加の映画づくりを通じて、町に活力をもたらし、文化活動の新しい形を生み出してゆく。

などを目的として、函館市民から制作費やエキストラを募ったりすることによって製作された地方発信の新しい形の映画であり、本作「そこのみにて光り輝く」はその第2弾になる。

これは函館というロケーションの有利さというのはあるにせよ、熱意さえあれば映画が造れるということを証明した作品であり、地方発信の新しい映画の形として注目すべき事例である。

ロケ地、函館について

海炭市叙景」から続いて函館でロケをしているのだが、函館というのは映画やドラマ、テレビCMなどのロケ地として使用されることが比較的多い土地で、実例は枚挙に暇がない。

そういった過去の作品と一線を画すのが佐藤泰志原作シリーズで、通常は函館でロケしているのだから、当然ながら函館っぽい風景や街角を撮影するし、函館の元町地域だと地域全体がレンガ造りの古い町並みになっているため、それを避けるのはむしろ難しい。

しかしながら「そこのみにて光り輝く」では、函館でロケはしているものの「函館」という実在の都市というよりは、無個性な「とある地方都市」として撮影しているため、実はあまり函館感は無い。

これは明らかに意図的なもので、場面によっては函館の特徴的な町並みを避けるのは難しかったと思われるのだが、観光地として有名な場所のみならず、場所を特定されてしまうような地名の入ったバス停や案内板を巧みに避けている。

方言について

実は「そこのみにて光り輝く」ロケ地の函館には住んでたことがあるのだが、本作の出演者は全員函館弁を話している。

函館弁というのは北海道弁とも異なり、どちらかというと東北の方言に近い独特の方言*1で、地元の人間は北海道弁と函館弁を微妙にミックスして使っている。

そのためか北海道弁の使い方が若干不自然ながらもそれ以外はかなり自然な函館弁になっており、少なくとも函館の方言を知らない人間が頑張って勉強して使ってます!という感じは全く無い。

俳優陣の演技がハンパない

これはキャスティングの良さというのも含むのだけど、近年の出来の良い日本映画の特徴として、俳優の演技が映画全体のクオリティを底上げするくらいにいい映画が多い、というのがある気がしている。

この「そこのみにて光り輝く」でもそれは顕著で、主演の「綾野剛」はもちろん「池脇千鶴」もいいし、脇を固める「高橋和也」も「火野正平」もまったくスキが無いが、万人が評価するのが拓児役の「菅田将暉」で突出した存在感を放っていて、とにかく凄い。

絶望と閉塞感の中で光り輝く、弱々しい希望の光

総評としては、「そこのみにて光り輝く」は内容自体は変化の薄い単調な物語なのだが、抑圧された演出と画作りが効果的で、地方都市の閉塞感を描きつつも町並みを美しく捉えていて、俳優の好演もあって物語への強力な吸引力と没入感をもっており、もう一度また観たくなる良作だと感じた。

 

映画『そこのみにて光輝く』公式サイト

*1:そのため函館の人は青森など東北地方の方言も理解できる

広告を非表示にする