映画忘備録

映画を見た感想を、ひたすらメモっていくブログです。

凶悪:躊躇無く人を殺せる人間をリアルに描いたノンフィクション

f:id:hate_miyo:20141129203809j:plain

本作「凶悪」は同名のノンフィクション小説*1を原作とした映画で、原作は実際に起きた凶悪殺人事件「上申書殺人事件」を基に、獄中の死刑囚が告発した殺人事件の真相を新潮45編集部が暴き、首謀者逮捕に至るまでを描いた犯罪ドキュメントである。

世界と戦うプロデューサー千葉善紀

映画を観にいくときに監督や俳優は気にしても、製作とかプロデューサーを気にすることはあまりないと思う・・・しかし「凶悪」のプロデューサー千葉善紀は日本映画を世界に発信することに非常に積極的かつ戦略的な姿勢を持つ人物で、「冷たい熱帯魚」も手がけており、この「凶悪」は実録犯罪物の第2弾といえる。

「凶悪」や「冷たい熱帯魚」以外にも「TOKYO TRIBE」や「片腕マシンガール」などの話題作にも携わっているので、注目すべき人物である。*2

完璧すぎる犯人側の配役

「凶悪」では金目的で複数の殺人事件が行われるが、それらの主犯がリリー・フランキー演じる”先生”で、他人をなんとも思っていないが自分で殺す度胸は無い小心者という感じが実によく表現できている。

実行犯であるピエール瀧演じる元ヤクザ”須藤”のリアリティも素晴らしく、特にクリスマスで仲良くしているシーンなど具体的に悪事を行っていない場面の妙なリアリティが堪らない。

この二人なくしては「凶悪」のリアリティはこのレベルまで持っていくことは困難だったことは想像に難くないが、逆に言うとそれだけキャスティングが優れているということでもあり、もちろん主役の山田孝之とその妻を演じる池脇千鶴はもはや鉄壁と言っていい安定感だ。

原作の解釈と映画化する際の構成の仕方

冒頭で述べた通り「凶悪」にはノンフィクションの原作が存在するが、現実の話なのにも関わらずまるで映画のような設定で強烈に興味をそそられる内容である、とはいえ話が入り組んでいて、映画にするにはあまり向いてない内容であることもまた事実。

それを「凶悪」ではどう解決しているのかというと、映画を思いっきり分割した構成になっていて、

  1. 須藤の証言を元に過去の殺人事件の証拠を調査する「調査パート」
  2. 過去に戻って実際に殺人を犯している場面を再現した「犯行パート」
  3. 現在に戻って先生を追い詰める「追求パート」

の3つに分かれていて、映画の中心となるのは「犯行パート」なのだが、確かに過去を中心に描けば犯行の描写は思いっきりできるし、ややこしい事件の説明をイチイチしなくて済むという点では確実にメリットを得られている。

とはいえ既に事件の真相は明らかになった状態になってしまうため、事件の真相が徐々に明らかになっていくという面白さは失われており、このために「調査パート」が何か抽象的に調査しているという感じの良く分からないパートになってしまっている。

とはいえ本作「凶悪」は実在の事件を題材にしていて、その真相は既に世の中で知られているので、どちらを選択するかは難しいところだ。

映画オリジナルの要素が完全に蛇足

ちなみに「凶悪」には映画オリジナルの追加要素があり、それは主人公が事件にのめり込むあまり、家庭を顧みていないという描写と、正義の側の問題点というような感じの描写なのだが、正直、ここら辺は蛇足というか詰め込みすぎで、唐突にすら感じるので無いほうが良かったように思う。

しかしながら映画のメインとなるエクストリームな犯行描写と、犯人の描写、初監督作品とは思えない見せ方の上手さと構成が印象的な良作であることは間違いない。

 

映画『凶悪』公式サイト

*1:「凶悪 -ある死刑囚の告発-」(新潮45編集部編、新潮文庫刊 ISBN 4101239185)

*2:それ以外に携わった作品は「KILLERS/キラーズ」「東京残酷警察」「地獄甲子園」など

広告を非表示にする